Excel2019の新機能やExcel2016との違いを調べ、新機能の使い方を解説

Excel2019の新機能やVBAの互換性を調べ、新機能の使い方を掲載しています。

【実行環境】
Microsoft Windows10
Office Professional 2016(64Bit)、Office Professional 2019(64Bit)

Homeに戻る > Excel2019

スポンサーリンク






Excel2019を使った感想

  • ファイルを開くのが1呼吸、遅くなった。 同じファイルでテストするとExcel2013が平均2.15秒でExcel2019が平均2.35秒でした。
  • 互換ファイルを変更後保存し、再度開き直すと「形式が違います」のエラーが表示され、開くことができないようになってしまいました。 これまでのバージョンでは1回もこのようなことが起きたことがなかったのでショックです。
    原因不明、再現しない
  • Officeとの共存について : 別のドライブにそれぞれインストールし、BIOSで起動ドライブを設定することで両方使えるようにしましたが、起動した途端にエラーが発生しOffice2019がデスクトップやスタートメニューから削除されてしまいました。別ドライブもチェックしているようで、この方法での共存はできませんでした。

Excel2019の新機能

  1. ホーム リボンを比較
  2. 挿入~開発リボンを比較し新機能や違いを調査
  3. マップグラフの作成方法|作成できない場合

スポンサーリンク






Homeに戻る > Excel 2016

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved