セルがダブルクリックされた場合に処理を実行する : Excel VBA

セルをダブルクリックした場合に使用するイベントは、BeforeDoubleClickです。

Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
Target As Range: ダブルクリックされたセル位置が取得できます。
Cancel As Boolean: Trueを設定すると、既定のダブルクリックの操作は実行されません。初期値はFalseです。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






Excel実行画面

VBE画面を開き、シートプロジェクトの[Worksheet]-[BeforeDoubleClick]内に、セルがダブルクリックされた場合に実行するイベントコードを入力します。
セルがダブルクリックされた場合に実行するイベントコード

B3セルをダブルクリックした場合の画面です。
セルをダブルクリックした場合の画面

スポンサーリンク


Excel VBAコード

Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
    MsgBox "シートがダブルクリックされました。" & vbCrLf & _
        "セル位置:" & Target.Address
End Sub

[関連リンク]
ダブルクリックされたセル位置を取得
セルに入力があった時、入力値とセル位置を取得

スポンサーリンク






Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved