簡単な見積書:Excelソフトを作成するリアルな作成順

「作ってみよう」はExcelソフトを作成しながら掲載していったリアルな作成順です。

完成しました。

超簡単な見積ソフトを作成します。

商品名が多くない場合にご利用ください。

一度に見積り出来るのは最高27商品です。全体が100~200商品ぐらいまでなら操作し易いかと思います。

見積書作成の操作方法です。

1)見積書シートに自社情報しておきます。これは初回のみです。

2)見積書シートに「見積日」「見積番号」「宛名」を入力します。

3)初めに商品一覧シートに「コード」「商品名」「型番」「単価」を入力しておきます。

これは初めに一回入力しておけば、その後は必要な時に追加・削除などの修正を行うだけです。

4)商品一覧の「数量」欄に見積りする数を数値入力します。

数量が0を超える商品のみ見積りに加えますので、不必要な商品はクリアしてください。

5)見積書作成ボタンをクリックすると、印刷プレビューが表示されるので印刷すれば完了です。

2回目以降の入力は宛名などと、商品に数量を入力するだけで印刷プレビューまでできるので超簡単です。

商品の検索や値引き額の追加など、自社に合わせて自由にカスタマイズしご利用ください。

Excelでアプリケーションソフトを作ってみようのメニューに戻る

スポンサーリンク






完成した見積書


スポンサーリンク






Homeに戻る > Excelでアプリケーションソフトを作ってみようのメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved