Excelの住所録から、Wordの差し込み印刷で封筒印刷を行う:Excel入門

Excelのシートに登録されている住所録を使い、Wordで封筒印刷を簡単にすることができます。縦書き封筒にする方法も掲載しています。


Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る > Excelの住所録からWordで封筒印刷する

スポンサーリンク






Excelの住所録

差し込み印刷に使用するExcelの住所録です。
データは5行目からになっています。
差し込み印刷に使用するExcelの住所録

Wordで差し込み印刷を設定する

リボンの[差し込み文書]〜[差し込み印刷の開始]〜[封筒]をクリックします。
[差し込み印刷の開始]〜[封筒]をクリックする

封筒オプション ダイアログボックスが開きます。
使用する封筒を選択します。
ここでは、一般的によく使う「長型4号」にしました。
封筒オプション ダイアログボックス

リボンの[差し込み文書]〜[宛先の選択]〜[既存のリストを使用]をクリックします。
[既存のリストを使用]をクリックする

データファイルの選択ダイアログボックスが開くので、Excelの住所録を指定します。
Excelの住所録を指定する

テーブルの選択ダイアログボックスが開きます。
印刷する住所が登録されているシートを選択します。
テーブルの選択ダイアログボックス

リボンの[アドレス帳の編集]をクリックします。
[アドレス帳の編集]をクリックする

差し込み印刷の宛先のダイアログボックスが開きます。
最初の2つは住所データではないので、チェックをOFFにします。
差し込み印刷の宛先のダイアログボックス

リボンの[差し込みフィールドの挿入]から、フィールド名をクリックし配置します。
フィールド名をクリックし配置する
フィールド名で改行し、下の様に配置しました。
フィールド名で改行し配置する

リボンの[結果のプレビュー]をクリックすると、Excelの住所データが表示されます。
[結果のプレビュー]をクリックする

フォントサイズなどを設定し完了です。
「様」は入力します。
フォントサイズなどを設定し完了

レコードの移動部分で、別の住所に移動することができます。
レコードの移動部分で、別の住所に移動できる

スポンサーリンク



封筒を縦書きに変更する

リボンの[ページレイアウト]〜[文字列の方向]〜[縦書き]をクリックします。
封筒を縦書きに変更する

これで封筒も文字方向も縦書きになりましたが、郵便番号は横書きに設定します。
封筒も文字方向も縦書きになった

郵便番号のフィールドをDELキーで削除します。

リボンの[挿入]〜[テキストボックス]〜[横書きテキストボックスの描画]をクリックします。
[横書きテキストボックスの描画]をクリックする

テキストボックス内にカーソルがある状態で、リボンの[差し込みフィールドの挿入]から、郵便番号フィールド名をクリックし配置します。
郵便番号フィールド名をクリックし配置する

テキストボックスを枠なしに設定し、フォントサイズを変更し完了です。
テキストボックスを枠なしに設定する

[関連リンク]
Excelのアドレス帳から、Wordの差し込み印刷を行いラベルに印刷する
ExcelにPowerpointを貼り付ける方法
CSVファイルの読み込みと変換しインポートする方法
テキストボックス Excelコントロール Tips
テキストボックスの数値入力値チェック

スポンサーリンク






Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る > Excelの住所録からWordで封筒印刷する

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved