フローチャートの書き方:Excel

Excelにはフローチャート記号と矢印があるので、簡単に作成できます。さらに記号には文字入力ができ、テキストボックスも合わせて使えばグループ化ができます。


Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る > フローチャートの書き方

スポンサーリンク






フローチャート記号を挿入する

リボンの[挿入]~[図形]~フローチャートから記号を選択します。
フローチャートから記号を選択する

記号の上で右クリックし、表示されるメニューの[テキストの編集]をクリックします。
メニューの[テキストの編集]をクリックする

入力した文字は、通常のフォントや配置の操作で設定できます。
入力した文字を設定する

以上を繰り返し、フローチャート記号を配置します。
フローチャート記号を配置する

スポンサーリンク


矢印でつなぐ

リボンの[挿入]~[図形]~矢印を選択します。
[図形]~矢印を選択する

図形の上にマウスポインターを移動すると、結合点が表示されるので、そこを始点にすると中心から線を引くことができます。
結合点から線を引く

これを繰り返し、矢印でつなぎます。
矢印でつなぐ

条件の判定文字を挿入する

グループ化できるように、文字の入力はテキストボックスを使います。
文字の入力はテキストボックスを使う

テキストボックスに文字を入力し、塗りつぶしや枠線を「なし」にします。

完成したフローチャートです。
完成したフローチャート

[関連リンク]

矢印を描く方法
シェイプの位置・線色・塗りつぶしの色 等を設定
吹き出しイラストの作り方
テキストボックス Excelコントロール Tips
囲み文字の作成方法(丸・三角・四角・51以上と透かし文字)

スポンサーリンク






Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る > フローチャートの書き方

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved