Excel2016で、矢印を描く方法

Homeに戻る > Excel2016のメニューに戻る > 矢印を描く方法

スポンサーリンク






線で矢印を描く

リボンの[挿入]〜図グループの[図形]〜[線]から矢印を選択します。
[線]から矢印を選択する

シート上でドラッグすると、矢印を描くことができます。
Shiftキーを押しながらドラッグすると、水平・垂直・45度の線になります。
ドラッグすると、矢印を描くことができる

矢印を選択した状態で、リボンの[描画ツール]〜[書式]〜[図形の枠線]で、線色・太さ・線種・矢印の種類などを設定することがができます。
[図形の枠線]で、線色・太さ・線種・矢印の種類などを設定する

ブロック矢印を描く

リボンの[挿入]〜図グループの[図形]〜[ブロック矢印]から矢印を選択します。
[ブロック矢印]から矢印を選択する

矢印を選択した状態で、リボンの[描画ツール]〜[書式]〜[図形の塗りつぶし]で、色や効果などを設定することがができます。
[図形の塗りつぶし]で、色や効果などを設定する

図形のスタイルの[その他]ボタンをクリックします。
図形のスタイルの[その他]ボタンをクリックする

するとスタイルのリストが表示され、選択することで簡単に配色を設定することができます。
スタイルで簡単に配色を設定することができる

ブロック矢印は、黄色の●印のハンドルをドラッグすることで、様々な形に変形させることができます。
黄色の●印のハンドルをドラッグすると変形できる

スポンサーリンク






Homeに戻る > Excel2016のメニューに戻る > 分析ツールを表示する方法

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved