Excel VBA:タイプミスによるエラーをデバッグする|デバッグとは?

タイプミスによるバグをデバッグする方法です。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel 基本Tipsへ

ExcelのVBAを正常に動作させる為には、デバッグする必要があります。

デバッグとは、タイプミスや呼び出したいプロシージャがない場合などのバグを修正することです。

始めに行うデバッグは、コンパイルすることです。

一つ進んだ時点で、コンパイルするとタイプミスや文法などのエラーを指摘してくれます。

最終的には実行テストし、いろいろな条件で結果を確認します。

面倒ですが、繰り返し動作を確認します。

又、OSや画面サイズなどの環境が変わるとエラーが出る場合もあります。

関連するTipsの「Excel VBA講座 基礎知識・準備:デバッグ」も参照してください。



コンパイルエラーでスペルミスを見つける

下の例は MsgBox の部分が MagBox と入力した結果エラーが発生しています。

エラー部分が反転表示されていますので修正します。

このようにコンパイルすることで、スペルミスが発見でき、そのミス部分もどこか分ります。

コンパイルエラー

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel 基本Tipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved