Timer関数を使用したタイマー : Excel(エクセル)

Excel VBAでTimer関数を使用し、カップヌードルの「3分間待ち時間タイマー」を作ります。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






Excel実行画面

「Start」ボタンをクリックすると、D5に経過時間を表示します。

Excel VBA コード

Option Explicit

'開始時間の保持用変数
Private sttime As Long

'タイマー開始
Private Sub ExTimerStart()
    Dim ln As Long
    Dim lm As Long
    
    Do
        '経過時間を算出
        ln = Timer - sttime
        lm = Int(ln / 60)
        '○分○○秒で表示
        Range("D5") = lm & "分" & Format(ln - lm * 60, "00") & "秒"
        DoEvents
        If ln >= 180 Then
            Beep
            MsgBox "3分経過しました。さあ、食べてください。"
            Exit Do
        End If
    Loop
    
End Sub

'スタートボタン
Private Sub CommandButton1_Click()
    Range("D5") = ""
    '開始時間
    sttime = Timer
    'タイマー開始
    ExTimerStart
End Sub

スポンサーリンク



Excel実行結果

3分間、経過するとメッセージが表示されます。
待ち時間の設定や中止ボタン等を追加するとさらに便利です。

スポンサーリンク






Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved