Excel:ユーザーフォームの作成方法 - コントロールの挿入方法

Excelのユーザーフォームの作成方法と、フォームへコントロールを挿入する方法を解説しています。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel フォームのTipsへ

Excelの場合メインの画面はシートなので、ユーザーフォームはダイアログのような役割になります。

使い方はシートからフォームを呼び出し、フォームに入力されたデータをシートに反映させるような使い方になります。

コンボボックスはシートでも同じ機能を設定できるので、フォーム独自なのはリストボックスやチェックボックスなどになります。

ユーザーフォームの作成は、VBE画面でメニューの[挿入]~[ユーザーフォーム]で作成できます。

リストボックスなどのコントロールは、メニューの[表示]~[ツールボックス]でツールボックスを表示し、挿入したいコントロールをフォーム上にドラックし配置します。

フォームとコントロールのイベントのVBA入力はダブルクリックするか、メニューの[表示]~[コード]で入力できます。

次のステップの「ユーザーフォームを開く、閉じる」を掲載しています参照してください。




ユーザーフォームの作成方法と、コントロールを挿入する方法

VBE画面の表示は、リボンの[開発]~[コードの表示]をクリックします。

Excelユーザーフォーム作成方法

1.Excel VBE画面を表示

2.メニュー「挿入」-「ユーザーフォーム」をクリックします。

Excel VBE画面

3.作成できました。

サイズ変更は外周にある、□のハンドルをドラッグします。

フォーム内に表示されている点はコントロール配置の目安になる点で、デザイン時のみ表示していて、実行すると消えます。

実行画面を確認したい場合は、ツールバーの三角のアイコン[Sub/ユーザーフォームの実行(F5)]をクリックするか、F5キーを押します。

実行画面を閉じると自動的にデザイン画面に戻ります。

ユーザーフォーム作成画面

スポンサーリンク


コントロールを挿入する方法

4.ツールボックスのコントロールのアイコンをクリックします。

ツールボックスの表示は、メニューの[表示]~[ツールボックス]をクリックします。

5.挿入したいコントロールを選択し、フォーム上でドラッグし配置します。

コントロールの移動は、マウスポインターを外の点線枠に移動すると、ポインターが上下左右の矢印に変わるのでドラックします。

サイズ変更はフォームと同じで、外周にある□のハンドルをドラッグします。

コントロールの挿入画面

スポンサーリンク




Homeに戻る > Excel フォームのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved