文字列に含まれる文字をカウントする|COUNTIF Excel関数

複数のセルに入力された文字列に、指定した文字が含まれる数をカウントする方法です。方法はCOUNTIF関数とワイルドカードを使用します。特にワイルドカードは、他の関数やアプリなどでも、使用可能な場合がよくある便利な文字です。

COUNTIF関数については「検索条件に一致するセルをカウントする関数」を参照してください。


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





COUNTIF関数とワイルドカードを使ったサンプル

下は日本全国の市町村名が入力されているシートです。
ここから「先頭に川が付く市」をカウントします。

=COUNTIF(B3:B1727,"川*市")
「"川*市"」は先頭が「川」の文字で、その次の文字はワイルドカード「*」(アスタリスク)でどんな文字でもよく、最後に「市」の文字を検索することになります。

川口市や川崎市などがカウント対象になります。
ワイルドカードの部分には文字がなくても構いません。
例えば「川市」でもカウントできます。、
「先頭に川が付く市」をカウントする

「川を含む市」をカウントします。

=COUNTIF(B3:B1727,"*川*市")
「"*川*市"」は、先頭がワイルドカード「*」(アスタリスク)でどんな文字でもよく、次に「川」の文字があり、その次の文字もワイルドカード「*」(アスタリスク)でどんな文字でもよく、最後に「市」の文字を検索することになります。

薩摩川内市などがカウント対象になります。
ワイルドカードの部分には文字がなくても構わないので、川越市も桜川市もカウントされます。
「川を含む市」をカウントする

「最後が川市」の複数の文字をカウントします。
この場合も上と同様で、1つの文字と変わりません。

=COUNTIF(B3:B1727,"*川市")
「"*川市"」は、先頭がワイルドカード「*」(アスタリスク)でどんな文字でもよく、最後に「川市」の文字を検索することになります。

旭川市や須賀川市などがカウント対象になります。
ワイルドカードの部分には文字がなくても構わないので、川市でもカウントされます。
「最後が川市」の複数の文字をカウントする

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved