ExcelのCOUNTIFS関数で複数条件に一致するセルの個数を求める

よく似た関数のCOUNTIFは検索条件が1個です。COUNTIFSは複数の検索条件を設定できます。ここでは、エラーの原因も含めた使い方を掲載します。

構文 : COUNTIFS(範囲1, 検索条件1, 範囲2, 検索条件2, ...)

COUNTIF関数の使い方はこのページを参照してください。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





COUNTIFS関数に複数条件を設定する

下の区分と大阪支店の売上から構成されている表を使います。
この表から区分がAで1500以上の個数を求めます。
区分と大阪支店の売上から構成されている表

リボンの[数式]~[その他の関数]~[統計]~[COUNTIFS]を選択します。
[COUNTIFS]を選択

関数の引数ダイアログボックスが開くので下記の設定を行います。
関数の引数ダイアログボックスで設定を行う

これでCOUNTIFS関数を入力できました。
結果は2になっています。
COUNTIFS関数を入力できた

スポンサーリンク


COUNTIFSで良く起きるエラー

下は長崎支店も追加し、ここから区分Aで1500以上をカウントしようとしていますが、#VALUE!エラーになっています。
原因は、区分Aの検索範囲と1500以上の検索範囲の列数が異なるためです。
区分AはB6:B11で1列、1500以上はC6:D11で2列になっています。
COUNTIFSで良く起きるエラー

エラーの対策は下記のように、検索条件を追加することで解除できます。
長崎支店を3組目の条件に指定しています。
エラーの対策、検索条件を追加することで解除

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved