Excel マクロを実行するボタンの、わかりやすい作成手順

マクロの実行ボタンを作成しておけば、クリックのみで一連の作業ができてしまうのでとても便利になります。

ここでは、具体的なボタンの作成手順を掲載します。


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





Excelマクロボタンを作成するシート

ここでは、下のようなグラフを表示する売上推移のシートを使用します。
グラフを表示する売上推移のシート

このシートに登録されているマクロを見るには、リボンの[開発]タブ~コードグループの[マクロ]をクリックします。
あらかじめ、マクロを作成しておいてください。

マクロの作成方法は、このページを参照してください。
シートに登録されているマクロを見る

スポンサーリンク


マクロ実行ボタンの作成

まず、下のようにボタンを配置するスペースを空けてください。
・印刷範囲内ですと、ボタンも印刷されてしまうので範囲以外に配置します。
・行や列の挿入を行った場合、計算式や関数に絶対番地を使用している場合などに、ズレが出るので注意してください。

リボンの[開発]タブ~コントロールグループの[挿入]~フォームコントロール部分の[ボタン]をクリックし、シート上でドラッグします。
フォームコントロール部分の[ボタン]をクリックする

自動的に、マクロの登録ダイアログボックスが開きます。
ボタンに割り当てるマクロ名を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
ボタンに割り当てるマクロ名を選択する

ボタンが選択されている状態で、ボタン内をクリックすると表示文字を編集できます。
ここでは、「印刷」に変更しています。
ボタン内をクリックすると表示文字を編集できる

リボンの[デザイン モード]が反転表示されているので、クリックし通常の表示にしてください。
これでマクロの実行ボタンの完成です。
ボタンをクリックすると、割り当てたマクロが実行できます。
マクロの実行ボタンの完成

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved