Excel VBAで格子と外枠の罫線を引く方法:LineStyleとWeight

マニュアルで複雑な罫線を引くのは大変ですが、VBAを使えば細線や太線がある表を一瞬で作成できます。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel セルのTipsへ

Excelの格子の罫線の場合は、下の「格子 細線」を使えば一回でできますが、それ以外は個別に引くことになります。

例えば、格子の四角でも外枠を太線にしたい場合は、上下左右をそれぞれ引く必要があります。

VBAでも線種・太さをそれぞれ指定できますので、マニュアルと同じように作成できます。

関連するTipsの「選択範囲に罫線を引く:Excel」も参照してください。



Excel VBAで指定できる線種・太さの種類

■ 線種
xlContinuous 直線
xlDot 点線
xlDash 鎖線
xlDashDot 一点鎖線
xlDashDotDot 二点鎖線
xlSlantDashDot 斜め模様の一点鎖線
xlLineStyleNone 線なし

■ 太さ
xlHairline 極細線
xlThin 細線
xlMedium 中太線
xlThick 太線

スポンサーリンク


Excelコマンドボタンとシートプロシージャ

  1. コマンドボタンがクリックされると、E2:G6セルに細線の格子罫線を引きます。
  2. 次に項目が表示される、E2:G2セルに太線の外枠罫線を引きます。
  3. 次に表全体の、E2:G6セルに太線の外枠罫線を引きます。

'格子 細線
Private Sub DoKousiKeisen(srange As String)
    Range(srange).Select

    Selection.Borders.Weight = xlThin
    Selection.Borders.LineStyle = xlContinuous
End Sub

'外枠 太線
Private Sub DoWakuKeisen(srange As String)
    Range(srange).Select
   
    '左罫線
    With Selection.Borders(xlEdgeLeft)
        .Weight = xlThick
        .LineStyle = xlContinuous
    End With
    '上罫線
    With Selection.Borders(xlEdgeTop)
        .Weight = xlThick
        .LineStyle = xlContinuous
    End With
    '右罫線
    With Selection.Borders(xlEdgeRight)
        .Weight = xlThick
        .LineStyle = xlContinuous
    End With
    '下罫線
    With Selection.Borders(xlEdgeBottom)
        .Weight = xlThick
        .LineStyle = xlContinuous
    End With
End Sub

Private Sub CommandButton1_Click()
    DoKousiKeisen "E2:G6"
    DoWakuKeisen "E2:G2"
    DoWakuKeisen "E2:G6"
    Range("A1").Select
End Sub

Excel実行結果

罫線が引かれた表が作成できました。

罫線が表示された

スポンサーリンク




Homeに戻る > Excel セルのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved