SUBSTITUTE関数 文字列から指定された文字を検索し置き換えるExcel関数

SUBSTITUTE関数は、文字列中の指定文字を検索し、見つかればほかの文字に置き換える関数で、読み方は「サブスティチュート」です。

SUBSTITUTEの意味は「代替、代用品」なので、置き換えにピッタリの単語です。

SUBSTITUTE関数は文字列を検索しますが、文字の位置が分かっている場合はREPLACE関数を使用します。

ここでは小文字・大文字・置換対象の変更・全角文字の置き換え実行例を掲載しています。

用途としては、今回のようなローマ字をカタカナに置き換えたり、商品名が変わった場合、旧と新を同時に表示させるなどがあります。

構文: SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列, [置換対象])


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





SUBSTITUTE関数の使用例


SUBSTITUTE関数の使用例サンプル

入力されてる、SUBSTITUTE関数です。

文字列関数のSUBSTITUTE

同類の関数に「REPLACE関数、REPLACEB関数:文字列の指定された文字数を置き換える」があります。

VBAの文字列置換は「文字列の一部を置き換える」を掲載しています。

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved