標準モジュール入力画面の表示方法 : Excel VBA

Excelのモジュールには、「ブックモジュール」「シートモジュール」「フォームモジュール」「標準モジュール」があります。

標準モジュール以外は、それぞれの名前のオブジェクト専用のモジュールです。

例えばシートモジュールの場合、シートが開いた時のイベントプロシージャやシートに配置したボタンのクリックイベントなどです。

マクロのコードや、複数のシートから呼び出されるプロシージャなどは標準モジュールに保存します。

ブック内で毎回使う、プロシージャをここに登録しておくと、コピーし使いまわしができるので効率が上がります。又、毎回使用することでよりよいコードに進化し、エラーも少なくなります。

例えば、日付から曜日をもとめたり、消費税の計算などがあたります。


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





標準モジュールを追加する操作方法

モジュールではSheet1からでもSheet2からでも、全体で使用できるVBAを入力します。
又、モジュール内に作成しておくと別のソフト作成時にも、まとめてコピーし流用できます。
VBEのメニュー「挿入」-「標準モジュール」をクリックします。
VBEメニューの標準モジュール

すると下の画面が表示されます。
左上プロジェクト内に標準モジュール Module1 が作成されています。
プロジェクト内に標準モジュールが作成できた

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved