Excel VBAでワークシートの移動:Moveメソッドの使い方

Moveメソッドを使ったVBAのサンプルを掲載しています。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel シートのTipsへ

Excel VBAでワークシートを移動させるにはMoveメソッドを使用します。

Moveメソッドの構文

Object.Move(Before, After)

  • Object:Worksheetオブジェクト
  • After:(省略可)指定したシートの右に移動します。
  • Before:(省略可)指定したシートの左に移動します。
  • 引数を指定しなければ、新しいブック(Excelファイル)が作成され、そこに移動します。

関連するVBA「ワークシートのコピー」を掲載しています、参照してください。



Moveメソッドを使ったVBA

Excelシート画面

■初期の画面

開始時のシート

■「シートの最後へ」ボタンをクリックした結果

Sheet3の右隣へ移動しています。

移動したシート

■「Sheet3の前へ」ボタンをクリックした結果

Sheet3の左隣へ移動しています。

移動したシート

Excel VBA実行コード

Option Explicit

Private Sub CommandButton1_Click()
    Worksheets("Sheet1").Move after:=Worksheets("Sheet3")
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
    Worksheets("Sheet1").Move before:=Worksheets("Sheet3")
End Sub

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel シートのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved