Excel ODD関数:数値の最も近い奇数に切り上げた値を取得する

ODDの読み方は「オッド」です。関数の使い方を例で解説しています。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

ODD関数とは、奇数に切り上げることできる関数です。

反対に偶数に切り上げるにはEVEN関数があります。

また奇数か偶数かを調べるISODD関数もあります。


ODD関数の構文

ODD(数値)

数値:(必須)対象の数値を指定します。



ODD関数の使い方

使用例とその結果

構文は、ODD(数値) になります。

ペアの計算などで使用します。

同じような関数にEVENがあります。

この関数は、数値の最も近い偶数に切り上げた値を取得します。


Excelシートでの使用例

下の画像は、参加人数から必要座席数を計算した表です。

EVENとODDを使用し、参加人数から席数を計算しています。

両方の違いがよく分かると思います。

EVEN関数の結果は偶数に、ODD関数の結果は奇数になっています。

必要座席数のシート

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved