Excel:数値の倍数の最も近い値に四捨五入するMROUND関数とは

MROUNDの読み方は「エムラウンド」です。関数の使い方を例で解説しています。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

MROUND関数とは、指定された値の倍数の最も近い値に丸める(四捨五入)関数です。

同じ機能の関数に、CEILING関数とFLOOR関数があります。

  • CEILING関数:指定された値の倍数の最も近い値に切り上げます。
  • FLOOR関数:指定された値の倍数の最も近い値に切り捨てます。

MROUND関数の構文

MROUND(数値, 倍数の基準値)

  • 数値:(必須)対象の数値を指定します。
  • 倍数の基準値:(必須)数値を丸める倍数を指定します。


MROUND関数の使い方

使用例とその結果

ちょっと分かり難いのですが、例えば下の使用例ような場合に使用されます。

必要製品数が1200個ですが、入り数が90個単位で購入しないといけません。

この場合購入するケース数は1200/90で13.3..になり四捨五入し、13×90で1170個になります。


必要製品数が12個の場合、入り数が7個単位で購入しないといけません。

この場合購入するケース数は12/7で1.7..になり四捨五入し、2×7で14個になります。


スポンサーリンク


Excelシートでの使用例

MROUNDを使用し、必要製品数と入り数から、最小ケース数での購入数を計算しています。

CELINGと比較すると分かり易いと思います。

■セルに入力されているExcel関数



製品購入数量

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved