Excel:指定桁の小数を切り捨てるTRUNC関数の読み方と使い方

TRUNCの読み方は「トランク」です。関数の使い方を入力例で解説しています。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

TRUNC関数は、小数を切り捨てたい桁で切り捨てる関数です。

同じ切り捨てる関数に、INT関数とROUNDDOWN関数がありますが少し異なります。

下に違いを記載しているので確認してください。

TRUNC関数の構文

TRUNC(数値, [桁数])

  • 数値:(必須)切り捨てる数値を指定します。
  • 桁数:(省略可能)切り捨てる桁数を指定します。省略した場合の既定値は0です。

関連する関数の「倍数の最も近い値に切り上げ(CEILING関数)」も参照してください。



TRUNC関数の使い方

使用例とその結果

構文は、TRUNC(数値 , 桁数) になります。

桁数を省略すると整数になります。


INT関数、ROUNDDOWN関数に似ていますが、数値がマイナスの場合結果が異なります。

下の例の場合、

6.65 の場合、全関数が 6 になっています。

-16.03 の場合、他は-17ですがTRUNCのみ -16 になっています。 

このようにTRUNC関数は単純に指定桁以下の小数を切り捨てます。

スポンサーリンク


シートの入力例

電圧測定値を3種類の関数を使い小数点以下で切り捨てています。

■セルに入力されているExcel関数




電圧測定値のシート

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved