Excel:Bookが開いた時、自動的にVBAを実行する - auto_openマクロ

Bookが開いた時VBAが自動的に実行できると、操作方法のメッセージを表示したり、操作者を選択するなどが出来るようになります。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel ブックのTipsへ

標準モジュールに auto_open プロシージャを作成しておくと、ブックオープン時、自動実行でます。

ここに変数の初期化などの処理を入力できます。

auto_openマクロとも呼ばれています。

同様にアンロード時、自動実行させるには auto_close を作成しておきます。

関連するTipsの「ブックのイベント一覧」を掲載しています、参考にしてください。



auto_openイベントの入力方法

1)イベントプロシージャを表示させる。

VBE画面左のプロジェクトのModule1をダブルクリックします。

※.Module1は「モジュール入力画面の表示方法」の方法で作成します。

モジュール入力

2.auto_openのコードを入力します。

Private Sub auto_open()
    MsgBox "Excel VBA 実践入門" & vbCrLf & _
      "「OK」ボタンをクリックしてください。"
End Sub


3.ファイルを閉じて再オープンします。

メッセージボックスが表示されます。

メッセージボックス

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel ブックのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved