Excel VBA:枠線と行列番号の非表示/表示の切り換えコード

ワークシートの枠線はDisplayGridlines、行列番号はDisplayHeadingsで非表示/表示の切り換えができます。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel シートのTipsへ

ワークシートの枠線の非表示/表示の切り換えは、DisplayGridlinesプロパティで行います。

非表示にする場合はFalse、表示する場合はTrueを設定します。

DisplayGridlinesプロパティの構文

オブジェクト.DisplayGridlines 設定


ワークシートの行列番号の非表示/表示の切り換えは、DisplayHeadingsプロパティで行います。

設定は上と同じで、非表示にする場合はFalse、表示する場合はTrueを設定します。

DisplayHeadingsプロパティの構文

オブジェクトDisplayHeadings 設定


関連する「Excel VBAで列の表示/非表示、行の表示/非表示」を掲載していますので、参考にしてください。




枠線と行列番号の非表示/表示を切り換えるVBA


枠線・行列番号を消去するVBAコード

シート1を前面にし、DisplayGridlinesとDisplayHeadingsをFalseにセットします。

'消去
Private Sub CommandButton1_Click()
    Sheets("Sheet1").Activate
    '枠線
    ActiveWindow.DisplayGridlines = False
    '行列番号
    ActiveWindow.DisplayHeadings = False
End Sub

枠線・行列番号の消去画面

スポンサーリンク


Excelシートに枠線・行列番号を表示させるVBAコード

シート1を前面にし、DisplayGridlinesとDisplayHeadingsをTrueにセットしています。

'表示
Private Sub CommandButton2_Click()
    Sheets("Sheet1").Activate
    '枠線
    ActiveWindow.DisplayGridlines = True
    '行列番号
    ActiveWindow.DisplayHeadings = True
End Sub

枠線・行列番号の表示画面

ブックのオープン時、枠線・行列番号を消すVBAコード

ブックを開く時に消去したい時がよくあります。

その場合、Workbook_Openイベントに入力します。

Private Sub Workbook_Open()
    Sheets("Sheet1").Activate
    '枠線
    ActiveWindow.DisplayGridlines = False
    '行列番号
    ActiveWindow.DisplayHeadings = False
End Sub

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel シートのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved