Excel練習問題4:リボンとセルの書式設定を使った、罫線の引き方を学びます。

問題:練習問題3で作成した「見積明細」の表に罫線を引いてください。

罫線は内側は細線で、表の外枠と項目名の外枠は太線にしてください。

1)リボンを使って罫線を引きます。

2)引いた罫線を全てクリアします。

3)次にセルの書式設定ダイアログボックスで罫線を引きます。

Homeに戻る > Excel練習問題 > 表の作り方|表に罫線を引く

スポンサーリンク





リボンで表に罫線を引く手順

表全体を選択します。

選択方法1 : B2の「品名」に移動し、Shiftキーを押しながら矢印キーでH4セルに移動します。

選択方法2 : B2の「品名」に移動し、Shiftキーを押しながらH4セルをクリックします。

表全体を選択する

リボンの[ホーム]~フォントグループの[罫線]右の[▼]をクリックします。

1.メニューの[格子]をクリックします。

2.メニューの[太い枠線]をクリックします。

[罫線]メニューの[格子]・[太い枠線]をクリック

項目名のセル(B2からH2)を選択します。
項目名のセルを選択

リボンの[ホーム]~フォントグループの[罫線]右の[▼]をクリックし、メニューの[太い外枠]か[下太罫線]をクリックします。
メニューの[太い外枠]か[下太罫線]をクリック

これで、表に罫線を引くことができました。
内側は細線で、表の外枠と項目名の外枠は太線になっています。
表に罫線を引くことができた

罫線をクリア(削除)する方法

クリアしたい罫線が含まれるセルを選択します。 ここでは表全体を選択します。

リボンの[ホーム]~フォントグループの[罫線]右の[▼]をクリックし、メニューの[枠なし]をクリックします。

これで罫線がクリアできます。

セルを選択しメニューの[枠なし]をクリック

スポンサーリンク


セルの書式設定で罫線を引く手順

表全体を選択します。

リボンの[ホーム]~フォントグループの右下の[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックします。

[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリック

セルの書式設定ダイアログボックスが開くので、罫線タブを選択します。

1.線のスタイルから細線を選択します。 細線は通常左上か左下を使用します。 左上の線は点線になっていますが、印刷すると極細線になります。

2.プリセットから[内側]をクリックします。

書式設定ダイアログボックスの罫線タブを選択

1.線のスタイルから太線を選択します。

2.プリセットから[外枠]をクリックします。

[OK]ボタンをクリックし、ダイアログボックスを閉じます。

線のスタイルから太線を選択しプリセットから[外枠]をクリック

項目名のセル(B2からH2)を選択します。
項目名のセルを選択

リボンの[ホーム]~フォントグループの右下の[ダイアログボックス起動ツール]ボタンをクリックし、セルの書式設定ダイアログボックスを表示します。

1.線のスタイルから太線を選択します。

2.罫線部分から[下線]をクリックします。

[OK]ボタンをクリックし、ダイアログボックスを閉じます。

セルの書式設定で太線を選択し[下線]をクリック

これでセルの書式設定ダイアログボックスを使って、表に罫線を引くことができました。
書式設定ダイアログボックスを使って、表に罫線を引くことができた

表の作り方・罫線の引き方は「簡単な表の作り方|一覧表作成から印刷 - 初心者向けexcelの使い方」も参考にしてください。

スポンサーリンク






Homeに戻る > Excel練習問題 > 表の作り方|表に罫線を引く

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved