VBA講座 セルの操作

Step 2 セルに書式を指定し文字と数値をセットする

Excel VBA講座のメニューに戻る

スポンサーリンク






プログラムを入力する

前回の、Private Sub CommandButton1_Click() と End Sub の間を変更してください


Private Sub CommandButton1_Click()
    'セルB8に3桁区切りで数値をセットします。
    Range("B8").Value = "45,681,856"    '---------@
    
    'セルB9に3桁区切りでマイナスの数値をセットします。
    Range("B9").Value = "-45,681,856"   '---------A
    
    'セルB10に数値を文字としてセットします。
    Range("B10").Value = "'89974"   '---------B
    
    'セルB11に日付をセットします。
    Range("B11").Value = "2007/02/24"   '---------C
    
    'セルB12に時間をセットします。
    Range("B12").Value = "15:30:02" '---------D
    
    'セルB13に日付と時間をセットします。
    Range("B13").Value = "2007/02/24 15:30:02"   '---------E
End Sub

スポンサーリンク


プログラム説明

@3桁区切りで数値をセット
表示されるのと同様に、3桁区切りにします。

Aマイナスの数値をセット
表示されるのと同様に、頭にマイナスを付けます。

B数値を文字としてセット
頭に ’ を付けます。

C日付をセット
表示されるのと同様に、 / で区切ります。

D時間をセット
表示されるのと同様に、時間:分:秒のように : で区切ります。

E日付と時間をセット
上のCとDを組み合わせます。

実行結果

Excel画面に戻り、コマンドボタンをクリックしてください。
 ・セルB8に3桁区切りの数値
 ・セルB9にマイナスの数値
 ・セルB10に数値が文字として表示
 ・セルB11に日付
 ・セルB12に時間
 ・セルB13に日付と時間

スポンサーリンク






Excel VBA講座のメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved