コンボボックスで年と月を選択する

ユーザーフォームコンボボックスを配置し、年と月を選択できるようにします。年は去年から10年間を選択できるようにします。

Excelコントロール Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






ユーザーフォームにコンボボックスの作成画面

リボンの「開発」 - 「コードの表示」をクリックします。
開発リボンのコードの表示

VBE画面が表示されるので、メニューの「挿入」 − 「ユーザーフォーム」をクリックします。
ユーザーフォームの作成方法

新規ユーザーフォームに下記のコントロールを配置します。
ユーザーフォームにコンボボックスを配置

フォーム上を右クリックし、「コードの表示」をクリックします。
コードの表示

プロシージャを「Initialize」に変更し、コードを入力します。
入力後、実行ボタンをクリックします。
VBAコードの入力

スポンサーリンク



完成したユーザーフォームです。
年のコンボボックスは、現在の年が初期値で、去年から10年間を選択できます。
コンボボックスで年を選択

月のコンボボックスは、現在の月が初期値で、12ヶ月を選択できます。
コンボボックスで月を選択

実行コード

Private Sub UserForm_Initialize()
    Dim i As Long
        
    '年のコンボボックス 去年から10年間
    For i = Year(Date) - 1 To Year(Date) + 10
        ComboBox1.AddItem i
    Next
    '初期値は現在の年
    ComboBox1.Value = Year(Date)
    
    '月のコンボボックス 12ヶ月
    For i = 1 To 12
        ComboBox2.AddItem i
    Next
    '初期値は現在の月
    ComboBox2.Value = Month(Date)
End Sub

スポンサーリンク






Excelコントロール Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved