コマンドボタンの基本的な使い方

Excelコントロール Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






設定例 プロパティ設定画面

■変更点
 ・BackColor を &H00C0FFFF& に変更
 ・Font を 太字
 ・ForeColor を &H00FF0000& に変更
 ・B2,C2 は下のCommandButton1_MouseMoveイベント発生時の表示です。

イベントコード例

'クリック時
Private Sub CommandButton1_Click()
    MsgBox "コマンドボタンがクリックされました。"
End Sub

'フォーカス取得時
Private Sub CommandButton1_GotFocus()
    MsgBox "コマンドボタンにフォーカスが移りました。"
End Sub

'フォーカス喪失時
Private Sub CommandButton1_LostFocus()
    MsgBox "コマンドボタンはフォーカスを失いました。"
End Sub

'コマンドボタン上をマウスが移動した時
Private Sub CommandButton1_MouseMove(ByVal Button As Integer, ByVal Shift As Integer, ByVal X As Single, ByVal Y As Single)
    Range("B2") = X
    Range("C2") = Y
End Sub
これは上図で、マウス位置が表示されているのが分かります。

スポンサーリンク



よく使うプロパティ

・BackColor
 背景色を設定設定します。
 CommandButton1.BackColor = VbBlue

・Caption
 ボタン上の表示文字を設定設定します。
 CommandButton1.Caption = "閉じる"

・ControlTipText
 マウスポインタをボタンの上に置いたときに表示する、ヒント文字を設定設定します。
 CommandButton1.ControlTipText = "印刷を開始します"

・Enabled
 ボタンを使用可能か不可能に設定します。
 CommandButton1.Enabled = True
 CommandButton1.Enabled = False

・Font
 ボタンのキャプションのフォントを設定します。
 CommandButton1.Font.Size = 10
 CommandButton1.Font.Name = "MS P明朝"
 CommandButton1.Font.Bold = True

・Height
 ボタンの高さを設定します
 CommandButton1.Height = 50

・Left
 ボタンの左端を設定します
 CommandButton1.Left = 100

・Picture
 ボタンに表示する画像ファイルを設定します。
 CommandButton1.Picture = LoadPicture("c:\windows\しゃくなげ.bmp")

・Top
 ボタンの上端を設定します
 CommandButton1.Top = 120

・Visible
 ボタンを表示するか、表示しないか設定します。
 CommandButton1.Visible = True
 CommandButton1.Visible = False

・Width
 ボタンの幅を設定します
 CommandButton1.Width = 200

よく使うイベント

・Click
 ボタンをクリックしたとき

・Enter
 フォーカスを受け取る前に発生

・Exit
 フォーカスを別のコントロールに移す直前に発生

・KeyDown
 キーを押したとき発生

・KeyUp
 キーを離したとき発生

・MouseDown
 マウスボタンを押したとき発生

・MouseUp
 マウスボタンを離したときに発生

・MouseMove
 ボタン上でマウスを動かすと発生

スポンサーリンク






Excelコントロール Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved