チェックボックスの使い方

チェックボックスを使うと、オンかオフかを選択できます。
値の取得は、Valueプロパティを使用します。
又、LinkedCellプロパティを設定すると、チェックボックスの値をセルに表示させることができます。

Excelコントロール Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

”よく使うOfficeソフト”を、Word、Excel、Accessから選択します。
チェックボックスの値がD列に表示されます。
「選択終了」ボタンをクリックすると、選択結果が表示されます。
Office選択ソフト

選択結果のメッセージ
Excel,Accessが選択されました

選択されなかった場合のメッセージ
どれも選択されませんでした

スポンサーリンク


実行コード

■ブックのイベント
Option Explicit

Private Sub Workbook_Open()
    
    'チェックボックスの初期値を設定
    Sheets("Sheet1").CheckBox1 = False
    'チェックボックスにリンクするセルを設定
    Sheets("Sheet1").CheckBox1.LinkedCell = "D6"

    Sheets("Sheet1").CheckBox2 = False
    Sheets("Sheet1").CheckBox2.LinkedCell = "D8"

    Sheets("Sheet1").CheckBox3 = False
    Sheets("Sheet1").CheckBox3.LinkedCell = "D10"

End Sub

■シートのイベント
Option Explicit

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim s1 As String
    
    s1 = ""
    'チェックボックスの値を取得
    If CheckBox1.Value = True Then
        s1 = "Word"
    End If
    
    If CheckBox2.Value = True Then
        If s1 <> "" Then s1 = s1 & "、"
        s1 = s1 & "Excel"
    End If
    
    If CheckBox3.Value = True Then
        If s1 <> "" Then s1 = s1 & "、"
        s1 = s1 & "Access"
    End If
        
    '結果を表示
    If s1 = "" Then
        MsgBox "どれも選択されませんでした。"
    Else
        MsgBox s1 & " が選択されました。"
    End If

End Sub

スポンサーリンク






Excelコントロール Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved