文字を別の種類に変換するStrConv関数をExcel VBAで使ってみる

StrConvとは、「大文字/小文字」や「ひらがな/カタカナ]などのように文字の種類を変換する関数です。

構文 : StrConv (String , Conversion , LCID)

String : 変換する文字列

Conversion : 変換する種類を指定する定数

LCID : (省略可)国別情報識別子を指定。通常Windowsのシステムで設定されています。


Conversionに指定する定数一覧

定数 内容
vbUpperCase 1 大文字に変換します
vbLowerCase 2 小文字に変換します
vbProperCase 3 先頭の文字を大文字に変換します
vbWide 4 半角を全角に変換します
vbNarrow 8 全角を半角に変換します
vbKatakana 16 ひらがなをカタカナに変換します
vbHiragana 32 カタカナをひらがなに変換します
vbUnicode 64 Unicodeに変換します
vbFromUnicode 128 Unicodeから文字列に変換します

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





下のB列に入力されている文字列を、上の定数順に変換します。
「abc123 あいうえDEF456オカキク」はテスト用に、全角・半角・ひらがな・カタカナを混ぜた文字列にしています。
変換前の文字列

StrConvのVBA使用例

StrConvを使用し、上の定数順に文字列を変換するVBAです。
StrConvを使用し文字列を変換するVBA

Sub MyStrConv()
    Range("C2") = StrConv(Range("B2"), 1)
    Range("C3") = StrConv(Range("B3"), 2)
    Range("C4") = StrConv(Range("B4"), 3)
    Range("C5") = StrConv(Range("B5"), 4)
    Range("C6") = StrConv(Range("B6"), 8)
    Range("C7") = StrConv(Range("B7"), 16)
    Range("C8") = StrConv(Range("B8"), 32)
    Range("C9") = StrConv(Range("B9"), 64)
    Range("C10") = StrConv(Range("B10"), 128)
End Sub

実行結果です。
2行目 : 「abc」が「ABC」の大文字に変換されています。
3行目 : 「DEF」が「def」の小文字に変換されています。
4行目 : 先頭の「a」が「A」の大文字に変換されています。
5行目 : 「abc」が「DEF」が「abc」「def」の全角に変換されています。
6行目 : 「オカキク」が「オカキク」の半角に変換されています。
7行目 : 「あいうえ」が「アイウエ」のカタカナに変換されています。
8行目 : 「オカキク」が「おかきく」のひらがなに変換されています。
9行目 : 「あい」が「B0D0」のUnicodeに変換されています。
9行目 : 「F0H0」のUnicodeが「うえ」の文字列に変換されています。
StrConvで変換した結果

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved