アルファベットを小文字に変換するLCase関数と大文字にするUCase関数をExcel VBAで使ってみる

アルファベットを小文字にするにはLCase関数を使用します。逆に大文字にするにはUCase関数を使用します。どちらも全角でも半角でも変換できます。

LCase(Range("B2:C7"))のように範囲指定し、一括で変換させようとすると「型が一致しません」のエラーになります。

構文 : LCase (String ) 、 UCase (String )

Stringはアルファベットを含む文字列を指定します。


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





下のB列に入力されている文字列を変換します。
B列に入力されている文字列を変換する

LCaseのVBA使用例

LCaseを使用し、文字列を小文字に変換するVBAです。
LCaseを使用し、文字列を小文字に変換するVBA

Sub MyLcase()
    Range("C2") = LCase(Range("B2"))
    Range("C3") = LCase(Range("B3"))
    Range("C4") = LCase(Range("B4"))
    Range("C5") = LCase(Range("B5"))
    Range("C6") = LCase(Range("B6"))
    Range("C7") = LCase(Range("B7"))
End Sub

実行結果です。
全角・半角、大文字・小文字、ひらがなや数字が含まれていても全て正常に小文字に変換できました。
全角は全角の小文字に、半角は半角の小文字に変換されています。
正常に小文字に変換できた

UCaseのVBA使用例

UCaseを使用し、文字列を大文字に変換するVBAです。
 UCaseを使用し、文字列を大文字に変換するVBA

Sub MyUcase()
    Range("D2") = UCase(Range("B2"))
    Range("D3") = UCase(Range("B3"))
    Range("D4") = UCase(Range("B4"))
    Range("D5") = UCase(Range("B5"))
    Range("D6") = UCase(Range("B6"))
    Range("D7") = UCase(Range("B7"))
End Sub

実行結果です。
全角・半角、大文字・小文字、ひらがなや数字が含まれていても全て正常に大文字に変換できました。
全角は全角の大文字に、半角は半角の大文字に変換されています。
正常に大文字に変換できた

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved