自分の保存先と開いている全ブックのフォルダを取得|Path|Excel VBA

ブックの保存先を取得するには、Pathプロパティを使います。

Pathプロパティを使うと、指定したブックの保存先の絶対パスを文字列で取得できます。

構文 : オブジェクト.Path

自分のブック名を取得と開いているブックの一覧作成|Name」も参照してください。


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





自分の保存先フォルダを取得する

自分の保存先を取得しB2セルに表示するVBAです。
自分の保存先を取得し表示するVBA

・自分のブック名は、ActiveWorkbook.Pathで取得できます。

Sub MybookPath()
    Range("B2") = ActiveWorkbook.Path
End Sub

実行結果のシートです。
B2セルにフォルダ名が表示されました。
B2セルにフォルダ名が表示された

未保存のブックの場合、保存先のフォルダがないので、下のように空文字で返ります。
未保存のブックの場合空文字で返る

開いているブック一覧の保存先フォルダを作成する

下のセルに移動しながら、ブック一覧の保存先フォルダを表示するVBAです。
ブック一覧の保存先フォルダを表示するVBA

・Workbooksとは、現在開いている全てのWorkbookオブジェクトが格納されているコレクションオブジェクトです。
・For EachでWorkbooksからWorkbookオブジェクトを取り出します。
・Workbookオブジェクト.Pathでフォルダ名を取得しています。
・Cellsの行位置を+1することで、下の行に移動しています。

Sub Mybookname()
     Dim spath As String
     Dim wbook As Workbook
     Dim lr As Long
     
     lr = 2
     For Each wbook In Workbooks
         spath = wbook.Path
         Cells(lr, 2) = spath
         lr = lr + 1
     Next
End Sub

実行結果のシートです。
開いているブックの保存先フォルダ一覧が作成できました。
フォルダ名の末尾にはには「¥(パス)」が付いていないので、ファイル名を付けいて使用する場合は「¥」を付けて使用します。
開いているブックの保存先フォルダ一覧

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved