Excel VBAのRowsで行を、Columnsで列を指定しデータを入力する

行全体を指定するにはRowsプロパティを、列全体を指定するにはColumnsプロパティを使用します。

Rowsの構文
オブジェクト.Rows(行番号)
1行の場合はインデックス番号を指定し、複数行の場合は、2つの行番号をコロンで結び、ダブルクォーテーションで囲みます。

Columnsの構文
オブジェクト.Columns(列番号)
1列の場合はインデックス番号を指定し、複数列の場合は、2つの列番号のアルファベットをコロンで結び、ダブルクォーテーションで囲みます。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





1行と1列にデータを設定する

Rowsで3行目に、Columnsで2列目にデータを設定するVBAです。
Rows、Columnsでデータを設定するVBA

・Rowsは1行の指定なので、引数にインデックス番号3を指定しています。
・Columneは1列の指定なので、引数にインデックス番号2を指定しています。

Sub MyRowsColumns()
    Rows(3).Value = 1
    Columns(2).Value = 2
End Sub

実行結果です。
3行目に1が、2列目に2が設定されています。
3行目に1が、2列目に2が設定

複数行と複数列にデータを設定する

Rowsで3から5行に、ColumnsでBからC列にデータを設定するVBAです。
Rows、Columnsでデータを設定するVBA

・複数行の場合は、列番号をコロンで結び指定します。
・複数列の場合は、列番号のアルファベットをコロンで結び指定します。

Sub MyRowsColumns()
    Rows("3:5").Value = 1
    Columns("B:C").Value = 2
End Sub

実行結果です。
3から5行に1が、BからC列に2が設定されています。
3から5行に1が、BからC列に2が設定

複数行に文字色を、複数列に背景色を設定する

Rowsで3から5行の文字色を、ColumnsでBからC列の背景色を設定するVBAです。
Rowsで文字色を、Columnsで背景色を設定するVBA

・セルの文字色はFont.Colorで指定します。
・セルの背景色は.Interior.Colorか.Interior.ColorIndexで指定します。

Sub MyRowsColumns()
    Rows("3:5").Font.Color = RGB(255, 0, 0)
    Columns("B:C").Interior.ColorIndex = 19
End Sub

実行結果です。
3から5行の文字色が赤色に、BからC列の背景色が黄色に設定されています。
文字色が赤色に、背景色が黄色に設定

スポンサーリンク






Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved