ブックの作成者や更新日時などのプロパティをVBAで取得する|Excel VBA

ブックのプロパティを取得するには、BuiltinDocumentPropertiesプロパティを使います。引数のIndexを指定することで30種類の情報を指定できます。

30種類の情報を指定できますが、13項目はエラーになりました。原因はプロパティを設定していないためか、使用できないのかは不明です。

ブックのプロパティを取得する」も参照してください。


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





ブックのプロパティを取得する

BuiltinDocumentPropertiesを使い、30種類のプロパティを取得するVBAです。
30種類のプロパティを取得するVBA

・For Nextループで、30種類のIndexを指定します。
・BuiltinDocumentProperties(i).Nameで、プロパティ名を取得し表示します。
・Indexによりエラーが発生するので、On Error Resume Nextで回避します。
・BuiltinDocumentProperties(i)で、プロパティを取得し表示します。
・もしエラーが発生した場合、Err.Numberに値が代入されるので、その場合、Err.Descriptionでエラー内容を表示します。

Sub MyGetProperties()
    Dim i As Long
    
    For i = 1 To 30
        Cells(i, 2) = i
        Cells(i, 3) = ActiveWorkbook.BuiltinDocumentProperties(i).Name
        On Error Resume Next
        Cells(i, 4) = ActiveWorkbook.BuiltinDocumentProperties(i)
        If Err.Number > 0 Then
            Cells(i, 4) = "Err:" & Err.Description
        End If
    Next
    
End Sub

実行結果のシートです。
B列 : Index No.
C列 : プロパティ名
D列 : プロパティ内容、エラーの場合はエラーの内容を表示します。
実行結果のシート

Indexが11( 作成日時)と12(更新日時 )は、日付形式に書式設定することで日時が表示できます。

Indexが11と12は、日付形式に書式設定する

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved