Excel VBAで条件付き書式をクリアし設定する方法:セル Tips

条件付き書式をVBAで使うのは割と簡単で、FormatConditionsで全て行います。

クリアはDelete、設定はAdd、書式設定はFormatConditionsの引数で行います。

FormatConditions.Addの構文

FormatConditions.Add( Type, Operator, Formula1, Formula2 )

Typeの設定値
名前 内容
xlCellValue 1 セルの値
xlExpression 2 演算
xlColorScale 3 カラースケール
xlDatabar 4 データバー
xlTop10 5 トップ10
XlIconSet 6 アイコン セット
xlUniqueValues 8 一意の値
xlTextString 9 xlTextString
xlBlanksCondition 10 空白の条件
xlTimePeriod 11 期間
xlAboveAverageCondition 12 平均以上の条件
xlNoBlanksCondition 13 空白の条件なし
xlErrorsCondition 16 エラー条件
xlNoErrorsCondition 17 エラー条件なし

Operatorの設定値
名前 内容
xlBetween 1 次の値の間
xlNotBetween 2 次の値の間以外
xlEqual 3 次の値に等しい
xlNotEqual 4 次の値に等しくない
xlGreater 5 次の値より大きい
xlLess 6 次の値より小さい
xlGreaterEqual 7 次の値以上
xlLessEqual 8 次の値以下

ここでは下記のことを掲載しています。
  1. 指定値と一致すればセルの文字色と背景色を変更する
  2. 上と同じ処理をFor NextとIF文で行う
  3. 指定した範囲の値と一致すればセルの文字色と背景色を変更する
  4. 複数の条件付き書式を設定する
Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





下の販売表に条件付き書式を設定します。
販売表

指定値と一致すればセルの文字色と背景色を変更する

条件付き書式のVBAです。
セルの値が1000ならば背景色をRGB(220, 220, 220)に、フォント色を赤にします。
条件付き書式のVBA
Sub MyFormatConditions()
    Range("B2:E14").FormatConditions.Delete
    Range("B2:E14").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlEqual, Formula1:="1000"
    Range("B2:E14").FormatConditions(1).Interior.Color = RGB(220, 220, 220)
    Range("B2:E14").FormatConditions(1).Font.ColorIndex = 3
End Sub

実行結果です。
1000のセルの背景色とフォント色が変更されています。
1000のセルの背景色とフォント色が変更

上と同じ処理をFor NextとIF文のVBAにしてみました。
条件付き書式のFormatConditionsを使った方が、簡単で分かり易そうです。
同じ処理をFor NextとIF文にしたVBA

Sub MyVbaFormatConditions()
    Dim i As Long
    Dim j As Long
     
    Range("B2:E14").Interior.ColorIndex = 2
    Range("B2:E14").Font.ColorIndex = 1
    For i = 2 To 14
        For j = 2 To 5
            If Cells(i, j) = 1000 Then
                Cells(i, j).Interior.Color = RGB(220, 220, 220)
                Cells(i, j).Font.ColorIndex = 3
            End If
        Next
    Next
End Sub

スポンサーリンク


指定した範囲の値と一致すればセルの文字色と背景色を変更する

セルの値が300から600の範囲ならば背景色と文字色を変更します。
セルの値が300から600の範囲ならば背景色と文字色を変更
Sub MyFormatConditions()
    Range("B2:E14").FormatConditions.Delete
    Range("B2:E14").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlBetween, Formula1:="300", Formula2:="600"
    Range("B2:E14").FormatConditions(1).Interior.Color = RGB(220, 220, 220)
    Range("B2:E14").FormatConditions(1).Font.ColorIndex = 3
End Sub

範囲を設定した実行結果です。
範囲を設定した実行結果

複数の条件付き書式を設定する

300から600の範囲設定、1000の場合、977の場合の3つの条件付き書式を設定しています。
3つの条件付き書式を設定
Sub MyFormatConditions()
    Range("B2:E14").FormatConditions.Delete
    Range("B2:E14").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlBetween, Formula1:="300", Formula2:="600"
    Range("B2:E14").FormatConditions(1).Interior.Color = RGB(220, 220, 220)
    Range("B2:E14").FormatConditions(1).Font.ColorIndex = 3
    
    Range("B2:E14").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlEqual, Formula1:="1000"
    Range("B2:E14").FormatConditions(2).Font.ColorIndex = 4

    Range("B2:E14").FormatConditions.Add Type:=xlCellValue, Operator:=xlEqual, Formula1:="977"
    Range("B2:E14").FormatConditions(3).Font.ColorIndex = 5
End Sub

実行結果です。
複数の条件付き書式を設定した実行結果

スポンサーリンク






Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved