選択範囲が変更された場合に処理を実行する : Excel VBA

選択範囲が変更された場合に処理を実行するイベントは、SelectionChangeです。

イベント構文 : Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
Target : 新しく選択された範囲

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






Excel実行画面

セル位置を変更すると「選択範囲が変わりました。選択範囲:(セル番地)」とメッセージが表示されます。
選択範囲が変わりました
複数セル範囲を選択すると、選択範囲には : を使ったセル番地が表示されます。
セル番地が表示
列全体を選択すると、選択範囲には : を使った列番号が表示されます。
列番号が表示

選択範囲が変更された場合に、処理を実行するVBAの入力画面
選択範囲が変更

スポンサーリンク


Excel VBAコード

Option Explicit

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
    MsgBox "選択範囲が変わりました。" & vbCrLf & _
        "選択範囲:" & Target.Address
End Sub

[関連リンク]

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved