ADDRESS セルのアドレスを取得するExcel関数

ADDRESS関数は、行番号と列番号で指定したセルの番地(アドレス)を求める関数

構文: ADDRESS(行番号, 列番号, [参照の型], [a1], [シート名])
行番号 - (必須) 取得するセルの行番号を指定
列番号 - (必須) 取得するセルの列番号を指定
参照の型 - (省略可能) 求める参照の種類を指定 参照形式 - (省略可能) A1形式かR1C1形式かを指定
シート名 - (省略可能) 外部参照するワークシート名を指定

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

B列 : 参照形式を TRUE(A1形式) に設定した、ADDRESS関数
C列 : 参照形式を FALSE(R1C1形式) に設定した、ADDRESS関数

4行目 - 参照の型を 1 : 絶対参照 に設定
5行目 - 参照の型を 2 : 行は絶対参照、列は相対参照 に設定
6行目 - 参照の型を 3 : 行は相対参照、列は絶対参照 に設定
7行目 - 参照の型を 4 : 相対参照 に設定
ADDRESS関数の使用例

スポンサーリンク


入力されてる、ADDRESS関数を数式表示させたシート
ADDRESS関数のサンプル

スポンサーリンク






Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved