REPT関数 文字列を指定した回数、繰り返し表示するExcel関数

REPT関数は、文字列を指定された回数、繰り返し表示します。

REPT関数の使い方の代表は、度数分布のグラフを簡単に作成することでした。

例えば「REPT("■", 10)」で、■が10個の棒グラフのようになります。

しかし、Excel2007の新機能のデータバーができたので、用途も減ったように思います。


構文: REPT(文字列, 繰り返し回数)

文字列 - 繰り返す文字列を指定します。

繰り返し回数 - 繰り返す回数を指定します。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel 文字列関数のTipsへ

実行画面

B列 : 繰り返す文字列
C列 : REPT関数

REPT関数の使用方法のサンプル

入力されてる、REPT関数

REPT関数の使用例

スポンサーリンク




Homeに戻る > Excel 文字列関数のTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved