GCD関数 最大公約数を求めるExcel関数

最大公約数とは、二つ以上の整数で割り切れる数のうち最大のものです。
例えば、3と2の場合は6になります。

構文 : GCD(数値1,数値2,...)
引数の数値1,数値2には、数値またはセル範囲を指定します。

数値を指定した場合 : GCD(1,15,25) のようになります。
セル範囲を指定した場合 : GCD(E5:E10) のようになります。

引数のセル範囲内に0や空白が含まれる場合は、無視されます。
引数のセル範囲内に文字列が含まれる場合は、#VALUE!エラーになります。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

数値1、数値2、数値3 の最大公約数を計算します。
E3には、=GCD(B3:D3)と関数が入力されています。
4行目のC4は0ですが、エラーにならず無事計算されています。
5行目のC5は空白ですが、エラーにならず無事計算されています。
6行目のC6は文字列ですので#VALUEエラーになっています。
数値1〜3の最大公約数を計算する

スポンサーリンク



F3には、引数に直接数値1〜3を入力し最大公約数を計算させています。
数値を入力し最大公約数を計算する

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved