アウトルックを起動し、受信トレイを開く

ExcelからOutlookを起動するには、CreateObject関数でインスタンスを生成します。
受信トレイを開くには、GetNamespaceメソッドを使い、引数に「"MAPI"」を指定します。
実行前に参照設定でOutlookを設定しておく必要があります。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

VBE画面のメニュー「ツール」-「参照設定」をクリックします。
参照設定ダイアログの参照可能なライブラリファイルから「Microsoft Outlook 14.0 Object Library」にチェックします。
「OK」ボタンをクリックし準備完了です。
Outlookを参照設定する

「Outlookを開く」ボタンをクリックします。
Outlook起動ボタン

アウトルックが起動し、受信トレイが開きました。
受信トレイを開いたOutlook

実行後のアウトルック表示完了のメッセージです。
完了メッセージボックス

スポンサーリンク


実行コード

Option Explicit

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim tol As Outlook.Application
    Dim tns As Namespace
    
    'Outlookのインスタンスを生成する
    Set tol = CreateObject("Outlook.Application")
    '受信トレイを開く
    Set tns = tol.GetNamespace("MAPI")
    tns.GetDefaultFolder(olFolderInbox).Display
    
    MsgBox "アウトルックを開きました"
    'Outlookを閉じる
    tol.Quit
    
    Set tns = Nothing
    Set tol = Nothing
End Sub

スポンサーリンク







Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved