ユーザー定義関数に説明を付け分類する

シートのメニュー「挿入」-「関数」で表示される、「関数の挿入」ダイアログにユーザー定義関数を登録します。
登録は、カテゴリ別に分類でき、説明を追加することができます。

関数名を変更すると、ダイアログも自動的に変更され、削除すると自動的に削除されるようです。

登録するには、ApplicationオブジェクトのMacroOptionsメソッドを使用します。
カテゴリの設定値は下記になります。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

ユーザー定義関数を作成すると、「関数の挿入」ダイアログに自動的に表示されます。
しかしこの場合、関数の分類は「ユーザ定義」で説明には「ヘルプがありません」と表示されます。
関数挿入ダイアログ

台形の面積を求めるシートに、登録するボタンを作成しました。
関数を登録するシート

スポンサーリンク



この関数を分類し登録ボタンをクリック

Option Explicit

Private Sub CommandButton1_Click()
    '関数を分類し登録
    Application.MacroOptions Macro:="TrapezoidArea", Description:="台形の面積を求める", Category:=3 '"数学/三角"
End Sub

■ 実行結果
数学/三角」カテゴリに、「台形の面積を求める」の説明で登録されました。

分類された関数

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved