Excel VBA:列の幅を変更する/取得する|ColumnWidthプロパティの使い方

ColumnWidthプロパティを使い、列の幅を変更するVBAと取得するVBAを掲載しています。



Homeに戻る > Excel セルのTipsへ

Excel VBAで列の幅を変更・取得するには、ColumnWidthプロパティを使用します。

ここではForループを使い30列の幅を設定します、設定した結果を取得し、その列のセルに表示します。

関連する「列のコピー方法 - 初心者向けexcelの使い方」も掲載していますので、参考にしてください。




■列の幅を変更する、取得するVBAの実行手順

1列目から30列目まで、順に幅を変更していきます。

  1. Forループを開始します。
  2. ColumnWidthで列の幅を変更します。
  3. ColumnWidthで変更した幅を取得します。
  4. 取得した幅をセルに記入します。
  5. ループを繰り返します。

実行Excelシート画面

「列の幅を設定」ボタンで実行します。

幅の変更シート



■実行結果

1行目から順に幅が広くなっています。

幅を広く変更したシート

Excel VBA実行コード

Sub ボタン1_Click()
    Dim i As Long
    Dim ln As Long
    
    For i = 1 To 30
        '列の幅を設定
        Cells(1, i).ColumnWidth = i * 2
        '列の幅を取得
        ln = Cells(1, i).ColumnWidth
        'セルに書く
        Cells(1, i) = ln
    Next
End Sub





Homeに戻る > Excel セルのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved