Excelのバージョンを調べるVBA|Application.Version

Application.Versionプロパティを使うと、Excelのバージョン番号が取得できます。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel プログラムのTipsへ

「Application.Version」で取得できるバージョン番号は下記の通りです。

番号 バージョン
16.0 Excel2019
15.0 Excel2013
14.0 Excel2010
12.0 Excel2007
11.0 Excel2003
10.0 Excel2002
9.0 Excel2000
8.0a Excel97 SR-1
8.0 Excel97
7.0 Excel95

※ 2021年5月 Excel2010~Excel2019を追加しました。

関連する「32Bit版か64Bit版か調べます] を掲載していますので参照してください。


Excel VBAでExcelのバージョンを調べる

バージョン取得シート

Excelバージョン取得シート

バージョン取得VBAコード

「Application.Version」は文字列型が返るので、文字列型のsVerを宣言し、そこに取得値を代入しています。

その結果でSelect Caseを使い、Excelのバージョンを調べています。

Option Explicit

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim sVer As String
    
    sVer = Application.Version
    Select Case sVer
        Case "16.0"
            MsgBox "Excel2019"
        Case "15.0"
            MsgBox "Excel2013"
        Case "14.0"
            MsgBox "Excel2010"
        Case "12.0"
            MsgBox "Excel2007"
        Case "11.0"
            MsgBox "Excel2003"
        Case "10.0"
            MsgBox "Excel2002"
        Case "9.0"
            MsgBox "Excel2000"
        Case "8.0a"
            MsgBox "Excel97 SR-1"
        Case "8.0"
            MsgBox "Excel97"
        Case "7.0"
            MsgBox "Excel95"
        Case Else
            MsgBox "不明"
    End Select

End Sub

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel プログラムのTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved