Excel:指定桁数で数値を切り捨てるROUNDDOWN関数の使い方

ROUNDDOWNの読み方は「ラウンドダウン」です。数値を切り捨てる関数です。

スポンサーリンク



Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

ROUNDDOWN関数はROUNDUP関数の反対で、常に数値を切り捨てる関数です。

用途は消費税計算や統計などで、比較的よく使います。

ROUNDDOWN関数の構文

ROUNDDOWN(数値、桁数)

  • 数値:切り下げる数値を指定します。
  • 桁数:切り下げる桁数を指定します。例えば0を指定すると、整数になります。

関連する関数の「指定した数値を最も小さい整数に切り捨てるINT関数」も参照してください。




ROUNDDOWN関数の使い方

使用例とその結果

構文は、ROUNDDOWN(数値、桁数) になります。

例.

スポンサーリンク


シートの入力例

販売代金表の「代金」から、1円以下を切り捨てています。

代金一覧

スポンサーリンク





Homeに戻る > Excel 順位・四捨五入のTipsへ

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved