CurrentRegionで表範囲を取得し格子罫線を自動で引き背景色を設定する:Excel VBA

CurrentRegionとは、指定したRangeオブジェクトの空白行と空白列で囲まれた範囲を取得できるプロパティです。動的にサイズが変わる表の範囲を操作する場合などに利用できます。

ここでは始めにCurrentRegionを使い方として表全体を選択し、その後罫線と背景色を設定するVBAを作成します。

その他の応用例として「シートのデータをテキストファイルに保存する」を掲載しています。

Excelでよく使うフレーズのサンプルのメニューに戻る

スポンサーリンク





VBA作成の例として下の表を使用します。
CurrentRegionは空白行と空白列に囲まれた範囲を取得するので、下のように表内に空白セルがあっても構いません。
VBA作成の例として使用する表

CurrentRegionで表全体を選択する

B2セルを指定し、表全体を選択するVBAです。
表全体を選択するVBA

・表の左上のB2セルを指定していますが、表内であればどこでも構いません。

Sub MyCurrentRegion()
    Range("B2").CurrentRegion.Select
End Sub

実行結果です。
表全体を選択することができました。
表全体を選択することができた

CurrentRegionで背景色を設定する

表全体の背景色を設定するVBAです。
 表全体の背景色を設定するVBA

・Interiorで背景色を、ColorIndexで色を指定しています。

Sub MyCurrentRegion()
    Range("B2").CurrentRegion.Interior.ColorIndex = 40
End Sub

実行結果です。
表全体にベージュの背景色を塗ることができました。
表全体にベージュの背景色を塗ることができた

CurrentRegionで格子の罫線を自動で引く

表全体に背景色を設定し、格子の罫線を引くVBAです。
表全体に背景色を設定し、格子の罫線を引くVBA

・Borders.LineStyle = xlContinuousで細線を引きます。

Sub MyCurrentRegion()
    Range("B2").CurrentRegion.Interior.ColorIndex = 40
    
    Range("B2").CurrentRegion.Borders.LineStyle = xlContinuous
End Sub

実行結果です。
表全体に格子の罫線を引くことができました。
表全体に格子の罫線を引くことができた

スポンサーリンク







Excelでよく使うフレーズのサンプルのメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved