Excelで生産予定・実績表を作ってみよう

Step 5 機種マスターのチェック

メニューに戻る

スポンサーリンク






シートコード

下記に変更してください。

'設定値のチェック
Private Function SetDataCheck() As Boolean
    SetDataCheck = False
    
    '機種マスターのマークの有無をチェック
    If ExMasterCheck = False Then
        Exit Function
    End If
    
    '開始セル位置
    If Range("L4") = "" Then
        Range("L4").Select
        Beep
        MsgBox "開始セル位置を入力してください。", , "生産予定実績表"
        Exit Function
    End If
    
    If Range(Range("L4")).Column < 3 Then
        Range("L4").Select
        Beep
        MsgBox "開始セル位置の列はC以降にしてください。", , "生産予定実績表"
        Exit Function
    End If
    
    '作成年のチェック
    If Range("L9") < 2000 Or Range("L9") > 2100 Then
        Range("L9").Select
        Beep
        MsgBox "作成年を2000〜2100の範囲で入力してください。", , "生産予定実績表"
        Exit Function
    End If
    
    '作成月のチェック
    If Range("L10") < 1 Or Range("L10") > 12 Then
        Range("L10").Select
        Beep
        MsgBox "作成月を1〜12の範囲で入力してください。", , "生産予定実績表"
        Exit Function
    End If
    
    SetDataCheck = True
End Function

下記のコードを追加してください。

'機種マスターのマークの有無をチェック
Private Function ExMasterCheck() As Boolean
    Dim lrow As Long

    ExMasterCheck = False
    lrow = ActiveSheet.Range("B65536").End(xlUp).Row
    If lrow = 4 Then    '4行目は見出し位置
        MsgBox "作成する機種マスターに1をセットしてください。"
    Else
        ExMasterCheck = True
    End If
End Function

スポンサーリンク



シート画面

「作成開始ボタン」をクリックすると、「機種マスター」のマークをチェックします。
1をセットになっていますが、実際には空でなければOKになっています。
又、厳密にはコード・機種名の入力チェックなども必要かもしれませんが、性善説で考えています。


スポンサーリンク






メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved