「令和」を表示させる~セルの書式設定とText関数で表示 - 初心者向けExcelの使い方

ここではセルに入力した日付をセルの書式設定で「令和」を表示させる方法と、表示形式が設定できるText関数を使って表示させる2種類の方法を紹介します。

「令和」を表示させるには、最新のOfficeにアップデートする必要があります。

Office2019などの新しいバージョンでは、定期的に更新するようにメッセージが表示されるので、自動的に更新されているようです。

スポンサーリンク



Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る

セルの書式設定で「令和」を表示する

適当なセルに移動で、日付を入力するショートカットキーの[Ctrl]+[;」キーを押します。
日付を入力するショートカットキー

入力したセルの上で右クリックし、表示されるメニューの[セルの書式設定]をクリックします。
メニューの[セルの書式設定]をクリック

セルの書式設定のダイアログボックスが開きます。
  1. 表示形式タブを選択します。
  2. 分類から「日付」を選択します。
  3. カレンダーの種類から「和暦」を選択します。
  4. 種類から「平成24年3月14日」を選択します。
  5. [OK]ボタンをクリックします。
セルの書式設定のダイアログボックス

これでセルの書式設定で「令和」が付いた日付が表示できました。
セルの書式設定で「令和」が付いた日付が表示

スポンサーリンク


Text関数で「令和」を表示する

リボンの[数式]~関数グループの[文字列操作]~[TEXT]をクリックします。
リボンの[数式]~[文字列操作]~[TEXT]をクリック

関数の引数ダイアログボックスが開きます。
  1. 値に日付が入力されているセル(ここではB2)を指定します。
  2. 表示形式に「"gggy年mm月dd日"」と入力します。  gggは和暦、yは年、mmは月,ddは日を表しています。
  3. [OK]ボタンをクリックし、ダイアログボックスを閉じます。
関数の引数ダイアログボックス

これでText関数で「令和」が付いた日付が表示できました。
Text関数で「令和」が付いた日付が表示

表示形式の引数は「"gggy年mm月dd日"」より「"ggge年m月d日"」の方が0が付かない1桁表示でいいようです。

元号を0が付かない1桁表示

引数を「"ge年m月d日"」にすると、元号の省略形で表示できます。
平成は「H」、令和は「R」で表示されます。

元号の省略形で表示

スポンサーリンク




Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved