エクセル2007 グラフの目盛間隔を広くし補助線を引く

エクセル2007 グラフ作成Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク



シート画面

目盛ラベルの上で右クリックします。
目盛りの数値

ポップアップメニューが表示されますので、「軸の書式設定」をクリックします。
縦軸間隔の変更

「軸の書式設定」ダイアログボックスが表示されます。
ここでは目盛間隔を2000に、補助目盛間隔を500にしてみます。
軸のオプションで、目盛間隔を自動から固定に変更し、2000と入力します。
次に最大値を自動から固定に変更し、500と入力します。
「閉じる」ボタンをクリックします。
軸設定ダイアログ

スポンサードリンク



この段階で補助線は表示されていません。
表示するには、目盛ラベルの上で右クリックします。
ポップアップメニューが表示されますので、「補助目盛の追加」をクリックします。
補助線の表示

目盛り間隔が2000になり、500間隔で補助線が引かれました。
折れ線グラフ

スポンサードリンク





エクセル2007 グラフ作成Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved