リストボックスの基本的な使い方
 Menuへ

スポンサーリンク





設定例
(左上) 1列、セル値を使用
(左下) 2列、セル値を使用
(右下) VBAでリストを追加、削除


■左上 プロパティ設定画面
 ・LinkedCell : 選択リストの表示セル
 ・ListFillRange : リストデータの範囲


■左下 プロパティ設定画面
 ・ColumnCount : 列数
 ・ColumnHeads : 列見出し表示
 ・ColumnWidths : 列幅
 ・LinkedCell : 選択リストの表示セル
 ・ListFillRange : リストデータの範囲


■VBAで複数列を追加する場合のコード
'リストへ追加
Private Sub CommandButton1_Click()
    '1列目のデータを追加
    ListBox3.AddItem "狭山"
    '2列目のデータを追加
    ListBox3.List(ListBox3.ListCount - 1, 1) = "3組"
    ListBox3.AddItem "元木"
    ListBox3.List(ListBox3.ListCount - 1, 1) = "1組"
End Sub

■VBAで指定列を削除する場合のコード
'リストから削除
Private Sub CommandButton2_Click()
    '1行名を削除
    ListBox3.RemoveItem 0
End Sub

スポンサーリンク



よく使うプロパティ
・BackColor
 背景色を設定設定します。
 ListBox1.BackColor = VbBlue

・BoundColumn
 複数の列があるリストボックスの時、どれかの行を選択すると、
 BoundColumnで設定されている列の値 が格納されます。
 ListBox1.BoundColumn = 1

・ColumnCount
 列数を指定します。
 ListBox1.ColumnCount = 2

・ColumnWidths
 列幅を指定します。
 ListBox1.ColumnWidths ="49;30"

・Enabled
 コンボボックスを使用可能か不可能に設定します。
 ListBox1.Enabled = True
 ListBox1.Enabled = False

・Font
 コンボボックスのフォントを設定します。
 ListBox1.Size = 10
 ListBox1.Name = "MS P明朝"
 ListBox1.Font.Bold = True

・Height
 コンボボックスの高さを設定します
 ListBox1.Height = 50

・Left
 コンボボックスの左端を設定します
 ListBox1.Left = 100

・LinkedCell
 選択されたリストを表示するセルを指定します。
  ListBox1.LinkedCell = "C2"

・ListCount
 リストの数を返します。
 n=ListBox1.ListCount

・ListFillRange
 リストのセル範囲を指定します。
  ListBox1.ListFillRange = "D2:D12"

・Top
 コンボボックスの上端を設定します
 ListBox1.Top = 120

・Visible
 コンボボックスを表示するか、表示しないか設定します。
 ListBox1.Visible = True
 ListBox1.Visible = False

・Width
 コンボボックスの幅を設定します
 ListBox1.Width = 200

よく使うイベント
・Change
 入力値を変更したときに発生

・Click
 クリックしたとき

・KeyDown
 キーを押したとき発生

・KeyUp
 キーを離したとき発生

・KeyPress
 ANSIコード又は、シフトJISコードの文字キーを押すと発生

・MouseDown
 マウスボタンを押したとき発生

・MouseUp
 マウスボタンを離したときに発生

・MouseMove
 ボタン上でマウスを動かすと発生

よく使うメソッド
・AddItem
 リストを追加します。
 ListBox1.AddItem = "日曜日"

・Clear メソッド
 すべてのリストを削除します。
 ListBox1.Clear

・RemoveItem
 リストから行を削除します。
'4行名を削除
 ListBox1.RemoveItem 3

スポンサーリンク



Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved