コンボボックスの基本的な使い方

Excelコントロール Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク



設定例 プロパティ設定画面

(上) フォーカス取得時、'決められた範囲をリストに追加します。
(中) フォーカス取得時、動的に範囲をリストに追加します。
(下) ブックオープン時にセットします。

イベントコード例

(上)
'コンボ1フォーカス取得時
'決められた範囲をリストに追加
Private Sub ComboBox1_GotFocus()
    ComboBox1.ListFillRange = "E4:E13"
End Sub

もし、2列で使用する場合

'2列の場合
Private Sub ComboBox1_GotFocus()
    ComboBox1.ColumnCount = 2
    ComboBox1.ListFillRange = "E4:F13"
    '2列目をコンボボックスのデータとします。
    ComboBox1.BoundColumn = 2
End Sub

(中)
'コンボ2フォーカス取得時
'動的に範囲をリストに追加
Private Sub ComboBox2_GotFocus()
    Dim lastrow As Long
    Dim i As Long
    
    '最終行を取得
    lastrow = ActiveSheet.Range("E65536").End(xlUp).Row
    'リストをクリア
    ComboBox2.Clear
    For i = 4 To lastrow
        ComboBox2.AddItem Cells(i, 5)
    Next
End Sub

(下)
'ブックオープン時にセットする
Private Sub Workbook_Open()
    'リストをクリア
    Sheet1.ComboBox3.Clear
    Sheet1.ComboBox3.AddItem "List1"
    Sheet1.ComboBox3.AddItem "List2"
    Sheet1.ComboBox3.AddItem "List3"
    Sheet1.ComboBox3.AddItem "List4"
    Sheet1.ComboBox3.AddItem "List5"
End Sub

スポンサードリンク



よく使うプロパティ

・BackColor
 背景色を設定設定します。
 ComboBox1.BackColor = VbBlue

・BoundColumn
 複数の列があるコンボ ボックスの時、どれかの行を選択すると、
 BoundColumnで設定されている列の値 が格納されます。
 ComboBox1.BoundColumn = 0

・Column
 コンボ ボックスの1つまたは複数の項目を設定します。
 s = ComboBox1.Column(0)   1列目
 s = ComboBox1.Column(1)   2列目

・Enabled
 コンボボックスを使用可能か不可能に設定します。
 ComboBox1.Enabled = True
 ComboBox1.Enabled = False

・Font
 コンボボックスのフォントを設定します。
 ComboBox1.Font.Size = 10
 ComboBox1.Font.Name = "MS P明朝"
 ComboBox1.Font.Bold = True

・Height
 コンボボックスの高さを設定します
ComboBox1.Height = 50

・IMEMode
 日本語入力システムの既定の実行時モードを設定します。
 ComboBox1.IMEMode = 2  OFFにします。
 ComboBox1.IMEMode = 4  ひらがなモードにします。

・Locked
 コンボボックスを編集するか、しないかを設定します。
  ComboBox1.Locked = True
  ComboBox1.Locked = False

・Left
 コンボボックスの左端を設定します
ComboBox1.Left = 100

・SelLength
コンボ ボックスのテキストで、選択されている文字数

・SelStart
選択されている文字列の先頭位置

・SelText
選択する文字列

・Top
 コンボボックスの上端を設定します
ComboBox1.Top = 120

・Visible
 コンボボックスを表示するか、表示しないか設定します。
 ComboBox1.Visible = True
 ComboBox1.Visible = False

・Width
 コンボボックスの幅を設定します
ComboBox1.Width = 200

よく使うイベント

・AfterUpdate
 入力値を変更した後に発生

・Change
 入力値を変更したときに発生

・Click
 クリックしたとき

・Enter
 フォーカスを受け取る前に発生

・Exit
 フォーカスを別のコントロールに移す直前に発生

・KeyDown
 キーを押したとき発生

・KeyUp
 キーを離したとき発生

・KeyPress
 ANSIコード又は、シフトJISコードの文字キーを押すと発生

・MouseDown
 マウスボタンを押したとき発生

・MouseUp
 マウスボタンを離したときに発生

・MouseMove
 ボタン上でマウスを動かすと発生

スポンサードリンク





Excelコントロール Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved