テキストボックスがフォーカスを取得した時の選択状態を設定

フォーカスを取得した時の選択状態を設定するには、EnterFieldBehaviorプロパティを設定します。
■ 構文
object.EnterFieldBehavior [= fmEnterFieldBehavior]

[ 引数 fmEnterFieldBehavior の定数 ]
fmEnterFieldBehaviorSelectAll : (0) 編集領域の内容をすべて選択します (既定値)。
FmEnterFieldBehaviorRecallSelection : (1) 前回にコントロールがアクティブだったときの選択内容に従います。

Excelコントロール Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク



実行画面

TABキーでフォーカスを移動させると良く分かります。

姓のテキストボックスがフォーカスを取得した場合、全部選択されます。
テキストボックス選択ソフト

名のテキストボックスがフォーカスを取得した場合、前回選択していた部分が選択されます。
フォーカス時の選択状態

スポンサードリンク



実行コード

Option Explicit

Private Sub UserForm_Initialize()
    
    '全選択
    TextBox1.EnterFieldBehavior = fmEnterFieldBehaviorSelectAll
    
    '前回の選択
    TextBox2.EnterFieldBehavior = fmEnterFieldBehaviorRecallSelection
    
End Sub

スポンサードリンク





Excelコントロール Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved