コンボボックスを複数列にする

(Access2007で作成)

複数列にするには、ColumnCountプロパティを使用します。
ColumnCount = 列数 で指定します。

■実行手順
ユーザーフォームが開いた時に実行される、UserForm_Initializeイベント内で実行します。
1)ColumnCountでコンボボックスを2列にします。
2)TextColumnで表示する列を指定します。
3)ColumnWidthsで列幅を指定します。
4)項目を追加します。
追加するには、List(行数, 列数)で代入します。

Excelコントロール Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク



画面

「年」と「月」の2列になっています。
ユーザーフォームでコンボボックスを使用する

スポンサードリンク



実行コード

Private Sub UserForm_Initialize()
    
    'コンボボックスを2列にする
    ComboBox1.ColumnCount = 2
    '2列目を選択された値にする
    ComboBox1.TextColumn = 2
    'それぞれの列幅を指定
    ComboBox1.ColumnWidths = "60;30"
    
    '項目の追加
    ComboBox1.AddItem
    ComboBox1.List(0, 0) = "2008年"
    ComboBox1.List(0, 1) = "10月"
    ComboBox1.AddItem
    ComboBox1.List(1, 0) = "2008年"
    ComboBox1.List(1, 1) = "11月"
    ComboBox1.AddItem
    ComboBox1.List(2, 0) = "2008年"
    ComboBox1.List(2, 1) = "12月"
    ComboBox1.AddItem
    ComboBox1.List(3, 0) = "2009年"
    ComboBox1.List(3, 1) = "1月"
    ComboBox1.AddItem
    ComboBox1.List(4, 0) = "2009年"
    ComboBox1.List(4, 1) = "2月"
    
End Sub

スポンサードリンク





Excelコントロール Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved