VBAで名前を付けて保存 : Excel(エクセル)

Excel VBAで名前を付けて保存ダイアログを使うには、GetSaveAsFilenameメソッドを使います。その後、SaveAsメソッドでファイル保存します。

構文: GetSaveAsFileName ( InitalFileName , FileFilter , FilterIndex , Title )
引数:
InitalFileName - 最初に表示されるデフォルトのファイル名
FileFilter - ダイアログで保存出来るファイル形式を指定、複数指定する場合は、カンマで区切る
FilterIndex - FileFilterで複数のファイルを指定している場合、表示順を指定します
Title - ダイアログのタイトル

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






Excel実行画面

「名前を付けて保存」ボタンをクリックするとダイアログが開きます。
ボタンをクリックするとダイアログが開きます

名前を付けて保存ダイアログが開くので、ファイル名を入力し[保存]ボタンをクリックします。 [キャンセル]ボタンをクリックすると保存せずに終了します。
名前を付けて保存ダイアログ

スポンサーリンク



Excel VBAコード

Option Explicit

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim fname As String
    
    '名前を付けて保存ダイアログ
    fname = Application.GetSaveAsFilename(filefilter:="Excelファイル,*.xls;*.xlsx,すべてのファイル,*.*")
    If fname = "False" Then
        'キャンセルの場合
        Exit Sub
    Else
        'ブックを保存する
        ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=fname
    End If
End Sub

[関連リンク]

ファイル選択ダイアログ
ファイル保存ダイアログ

スポンサーリンク






Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved